シェアサイクル『HELLO CYCLING』利用してみた!使い方まとめとメリット・デメリット

シェアサイクル『HELLO CYCLING』利用してみた!使い方まとめとメリット・デメリット

<この記事がおすすめな人>

  • シェアサイクルを利用したい人
  • HELLO CYCLINGの使い方を知りたい人
  • HELLO CYCLINGのメリット・デメリットを知りたい人

大人になってから自転車に乗ることがそんなに多くなくなった人って多いのではないでしょうか。僕もそんな一人です。もはや自転車を持つことをやめました笑

でもたまにわりと近いんだけど、歩くには少し距離があって、電車だと乗り換えとか接続が悪いみたいな所に行く必要がある時ってありませんか?

そんな時に自転車があれば行きやすいのになーと思い悩んでいたら、なんと我が家の近くに「HELLO CYCLING」というシェアサイクルがあることを発見しました!

今回はHELLO CYCLINGを実際に利用した経験から、使い方とHELLO CYCLINGのメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

シェアサイクルってなに?

そもそもシェアサイクルってなに?レンタサイクルと何が違うの?って人に簡単に説明します。

  • レンタサイクル・・・利用、返却場所は一緒で有人窓口。利用時間は窓口が開いている時に限られる。
  • シェアサイクル・・・ステーション内であればどこでも利用、返却が可能。窓口なし。24時間利用できる。

レンタカーとカーシェアと同じような違いですね。

シェアサイクルの最大のメリットはどこでも借りれてどこでも返せるというところがポイントだとます。

現在日本ではシェアサイクルサービスを行っている有名なところでは、ドコモが運営している「ドコモ・バイクシェア」とソフトバンクが運営している「HELLO CYCLING」があります。

HELLO CYCLINGとは

「HELLO CYCLING」とは東京を中心に全国で利用できるアサイクリングサービスです。スマホから予約をし、近くのステーションから自転車を借りることができ、HELLO CYCLINのステーションであればどこへでも返却がすることができます。

しかも自転車は電動アシスト自転車です!

だから家の近くと駅の近くにステーションがあれば、家の近くで自転車を借りて、駅で返してそのまま電車に乗るなんてこともできちゃうんです。

渋谷周辺のステーション。結構ありますね

利用料金と支払い方法

利用料金

<利用料金>

  • 15分・・・70円
  • 12時間・・・1,000円

※12時間以降は15分ごとに料金加算
※12時間ごとに上限料金あり(24時間=2,000円、36時間=3,000円)
※東京都内の料金です。他地区は若干異なります。

半日借りても1,000円済んでしまうのであれば全然いいですよね!

電動アシスト自転車は買ったら10万円前後はするので、そんなに乗らないのであればシェアサイクリングのほうが断然お得だと思います。

支払い方法

クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)、各種キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、Yahoo!ウォレット決済などで支払い可能です。

利用の仕方

アプリのダウンロードと会員情報登録

まずはHELLO CYCLINGのアプリをダウンロードし、ダウンロード後はアプリの指示に従い、アドレスや電話番号、決済方法の登録を行います。

HELLO CYCLING - どこでも借りれる自転車シェア
HELLO CYCLING – どこでも借りれる自転車シェア
開発元:OPENSTREET CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

借りたいステーションを探して予約する

アプリの登録が済んだら、アプリを起動し借りたいステーションを探します。GPSシステムと連動しているので、今自分がいる場所の近くのステーションが表示れるようになっています。

マップを動かして離れた場所のステーションで予約をすることも可能です。

マップから利用したいステーションを探す
自転車の空き状況を確認して予約する
利用規約に同意して予約するボタンを押す
予約が管理すると30分以内に借りるように告知されます
自転車マーク:借りた自転車の個別番号    鍵マーク:自転車の鍵を解除するための暗証番号

これで予約は完了です!

あとは30分以内に自転車を借りに行きましょう!

予約した自転車を借りる

ステーションに到着したら、自分が予約した自転車の個別番号を確認しましょう。

サドルの下に個別番号はあります。

該当する自転車が見つかったら、ハンドル中央にある白いモニターに予約時に表示された暗証番号を入力します。

暗証番号が認識されるとロックが解錠され、自転車に乗ることができます。

電源マークを押し、4桁の暗証番号を入力するとロックが解錠されます。

自転車を返す

自転車を返す際は、ステーションに空きがあればどこのステーションでも返却することが可能です。

そのため冒頭にも書きましたが、ステーションがあれば、家の近くで借りて駅前で返却みたいな乗り捨てが可能です。

返却の方法はハンドル中央にある白いモニターで返却手続きをし、最後に自転車の鍵を施錠すれば完了です。すぐにスマホに返却完了の連絡が届きます。

HELLO CYCLINGのメリット

バッテリーの充電状況がスマホでわかる

予約する際にステーションにある各自転車の空き台数が確認できるのですが、その際に各自転車のバッテリーの充電状況がわかります

充電状況を確認して自転車を予約することができるのでとても便利です。サービスが開始された当初はこの機能はなかったようですが、後から追加されたってことは要望が多かったのでしょうね。

ちなみに競合サービスの「ドコモ・バイクシェア」にはバッテリー確認機能はないので、ここはHELLO CYCLINGの強みだと思います。

各自転車のバッテリー充電状況が確認できる

1アカウントで4台まで同時に借りられる

スマホに登録している1つのアカウントから4台まで同時に自転車を借りることが可能です。

だから家族で一緒に自転車を利用して出かけたいなどといった際に、アカウントを持っている人が一人しかいなくても複数台借りることができます。

このサービスも「ドコモ・バイクシェア」にはないサービスです。

都内であればステーションがたくさんある

シェアサイクリングで大事な要素となってくるのはステーションの数だと思います。HELLO CYCLINGは都内のステーション数は約1,800箇所程度と結構な数があります

僕は利用した自転車のバッテリーが途中で切れそうになり、電動自転車が使い物にならなくなりそうになった矢先に、近くにステーションがあったため、そこで乗っていた自転車を返却し、新たに充電が満タンの自転車を借りて命拾いした経験があります笑

ステーションは都内でもどちらかというと東京の中心より外側に多くある印象です。対象的にドコモ・バイクシェアは東京の中心寄りに多くステーションがある印象です。

HELLO CYCLINGのデメリット

日時指定予約ができない

これはHELLO CYCLINGだけのデメリットではないですが、シェアサイクルはカーシェアのように日時指定をして予約することができません

だから利用する直前(30分前)にしか予約ができず、もし近くのステーションに自転車の空きが無ければ利用することができなくなってしまいます。

一週間後に自転車で出かける予定などを組むことが難しいのが現状です。

仮に日時指定予約ができるようになると、予約しておいた自転車のバッテリーが使う際に全く無かったなんていうことが直前で発覚するということも起こりかねませんが、そこも考慮してサービスを改善してほしいですね。

バッテリーの充電頻度が遅い

自転車を利用しようと思ったら周辺の自転車のバッテリー充電状況がどれも少ない!!なんて状況に僕は陥ったことがあります。

そしてしょうがなくその中でもまだ充電が30%くらいとマシな自転車を借りるも、途中でバッテリーが切れそうになるという状況に陥りました(先程の乗り換え事件の際の話です)笑

できればバッテリーに関しては常に満タンに近い状態に管理をしておいていただきたいです。

充電は人力の作業になるので難しいのかもしれませんが…

自分が空いてるときだけ充電すればいいバイトがあれば僕ならやるんですけどねー笑

バッテリーは%表示で確認できます。

タイヤが小さいから一漕ぎで進む距離が短い

HELLO CYCLINGの自転車は通常のママチャリよりもタイヤが一回りくらい小さいです。そのため一漕ぎで進む距離もママチャリよりも短くなります。

まぁ電動アシスト自転車なんでモーターのおかげでスイスイ進みますが、もっとタイヤが大きければもっと速く進むのになという風には思います。

ドコモ・バイクシェアはもっとタイヤが小さいので、そちらに比べればまだマシなんですけどね。

タイヤが少し小さめ

まとめ

HELLO CYCLINGの使い方とメリット・デメリットに関してお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。

僕個人としては、シェアサイクルサービスは非常に便利なサービスだと思います。最大のメリットはどこでも借りられて、どこでも返せる点です。ちょっと遠くに行きたい時に使えるし、自転車なので運動にもなるので今後も定期的に利用していきたいと思ってます。

ぜひ皆さんもご自宅のお近くにステーションがないか調べてみて、一度利用してみてはいかがでしょうか。

おわり