都内から日帰りで行ける那珂湊おさかな市場がうまい!

都内から日帰りで行ける那珂湊おさかな市場がうまい!

都内からそんなに遠くなくうまい魚を食べたいと思ったら皆さんどこに行きますか?

築地や豊洲といった都内の魚市場はありますが、できればドライブがてらもうちょっと足を伸ばしたい。

そんなうまい魚も食べられて、なおかつドライブもできちゃうといったオススメの場所があります。

それが那珂湊おさかな市場です。

今日はそんな那珂湊おさかな市場に実際に行ってきたレポートをしたいと思います。

結論から言いますと、魚がめちゃくちゃうまいし、道は渋滞しないし、最高でした。

どこにあるの?

さて那珂湊おさかな市場の場所ですが、茨城県ひたちなか市にあります。周辺には大洗海水浴場やひたち海浜公園などがあります。

都内からだと常磐自動車道を利用して、東京-友部JCT-ひたちなかI.Cといったルートで行くと大体1時間半〜2時間くらいの時間で行けます。

僕が行ったのは7月の3連休でしたが、高速道路は空いていて現地までスイスイと行くことができました。

駐車場は?

那珂湊おさかな市場にはもちろん駐車場があります。結構大きな駐車場で普通車は4時間100円で駐車できます。

ただしこの駐車場への入口が一つしかなく、ここが渋滞します。僕が現地に到着したのは大体11時30分頃でしたが、駐車するまでに大体20分くらいはかかったと思います。

僕が那珂湊おさかな市場を出たのが13時半頃でしたが、その時には駐車場へ入る渋滞は更に長くなっていましたので、那珂湊おさかな市場へ到着するのは午前中が狙い目でしょう。

行きたい飲食店の順番待ち名簿に記入しよう!

さぁ車を止めたらまず最初に行きたい飲食店に向かいましょう!那珂湊おさかな市場の飲食店は大体10数店舗程度とそんなに数が多くなく、且つどこも人気店です。

どこのお店も少なからず待つことは必至ですので、まずは名簿に名前を書きに行きましょう。

ちなみに僕がこの日行った『市場寿し』は、11時30分の時点で18組待ちとなっておりました!

回転のいいお店でしたので、入店するまでにかかった時間は50分ほどでした。

待ち時間を利用して市場を散策しよう!

行きたい飲食店に記名をしたら、待ち時間を使って市場を散策しましょう!市場には様々な魚介類が販売されており、またその場で食べられるものもたくさんあります!

那珂湊おさかな市場の様子
新鮮な魚がたくさん売っています!
その場で食べられる牡蠣が売っています

食べ歩きするのにおすすめなのは生牡蠣です!身はプリップリでめちゃくちゃ新鮮で最高にうまいです!

身がプリップリのめちゃウマな生牡蠣

お待ちかねの市場寿しへ!

待ち時間を散策して過ごした後はお待ちかねの飲食店へ向かいましょう!海鮮丼も捨てがたかったのですが、僕は回転寿司を選びました!

この日利用したのは『市場寿し』という回転寿司屋さんでした。

前述した通りかなりの人数待ちがいたとおり、有名人のサインもたくさんある人気店です。

人気の『市場寿し』

ここの回転寿司の何がすごいって、ネタが新鮮なのはもちろんのこと、ネタが大きい!!シャリが全然見えないじゃん!ってくらいに大きな新鮮なネタがたくさんあるんです。

マグロと親子軍艦
左から金目鯛、鯛、ボタンエビ

店内の回転レーンはチェーンの回転寿司で流行っている特急レーンなんてものはなく、昔ながらの回転レーンです。それがまたいい。

そして寿司ネタは常に新鮮なものが流れているし、もちろん食べたいものをオーダーすることもできます。

残念ながら写真を撮り忘れてしまったのですが、僕の一番のおすすめは焼きサーモンです。口に入れた瞬間にネタがとろけます。

今回は2人で訪れたのですが、合計で15皿くらい食べてお会計は3,200円程度でした。

こんなにうまいのになんてリーズナブルな値段!!うまさと安さに感動しました。

うまい魚を食べに行くなら那珂湊おさかな市場へ!

都内から日帰りでドライブがてらうまい魚を食べに行きたいなーと思ったら、僕は間違いなく那珂湊おさかな市場をおすすめします。

ちなみに今回僕は那珂湊おさかな市場でお寿司を堪能した後、車で1時間くらいかけて日本三大名爆の一つである袋田の滝までドライブしに行きました。

那珂湊おさかな市場からはちょっと距離があるのですが、迫力のある滝が観られますので、お時間ある方にはぜひおすすめしたいです。

袋田の滝

おわり!