二日酔い対策にはポカリスエットが効果的

二日酔い対策にはポカリスエットが効果的

飲めない身体

僕は酒が飲めない。

そもそも僕の身体はミジンコレベルのアルコール分解能力しか有していないようで、昔から酒が弱かった。

学生時代はスポーツ系のサークルに所属していたため、いわゆる「アフター」という名のただの飲み会に飲めもしないのによく参加していた。

そして酒が飲めないくせに飲めないことはカッコ悪いと思い込んでいたため、一気飲みのコールを振られると調子に乗ってピッチャーでカシスオレンジを飲みまくり、トイレでよくゲーゲー吐いていた。吐いた後は何食わぬ顔で席に戻り、また振られるコールで一気飲みをして吐くという、もはや何のために飲んでいたのかわからない学生生活を送っていた。

そんな酒に飲まれた学生生活ではあったが、二日酔いになることはあまりなかった。

まぁそもそも全部吐いてたので二日酔いになる要素がなかっただけなのだが。

そんな僕が社会人になり、会社の人と飲む機会が増えたが、社会人の飲み会では一気飲みを強要するコールなんてものはもちろんなく、みんな自分のペースで飲みたい酒を飲みたいだけ飲むようになった。

僕も周りと同様に、自分が飲めるだけのビール2、3杯を飲んでいた。飲める量だけの酒を飲めば吐く必要もなく、次の日も問題なく迎えられた。

しかしそんな順風満帆な僕のアルコールライフはそう長くは続かなかった。

アラサーに突入すると同時に、やってきてしまったのだ。

二日酔いが

元々ミジンコレベルのアルコール分解能力しかなかった僕に、「老い」というマイナス要素がプラスされたことにより、ビール2、3杯でも翌日二日酔いになるようになってしまったのだ。

そして僕の場合の二日酔いは厄介で、頭痛が翌日だけで終わることなく、翌々日も継続してしまうという、金曜日に飲めば土日を丸々潰してしまうというサラリーマン泣かせの代物だった。

金曜日に酒を飲むたびに土日を潰されるのはたまったもんじゃなく、僕は二日酔対策をいくつも講じてきた。

効かない対策

まず手始めに、二日酔いを防止するための一般的なものとして、「ウコン」を取り入れた。飲み会前にウコンドリンクをグイッと一本飲み干し、参加するようにした。ダメだった。ウコン以外の似たようなドリンクも試したが同じだった。

次に二日酔いになった後の対策として、ソルマックなどの飲酒後のドリンクも服用してみたが、効果は感じられなかった。

もう僕に打つ手はないのか…もはや金曜日に飲み会に行く資格は僕にはないのか…そう思っていた矢先に、見つかったのだ。二日酔いにならない効果的な対策が。

二日酔い対策にポカリスエット

スポーツドリンクは酔いが回りやすいという嘘

まずお酒を飲んでスポーツドリンクを飲むと、酔いが回りやすいという話をよく聞くが、これは嘘だ。

ポカリスエットを販売している大塚製薬からはホームページで以下の見解をリリースしている。

ちなみに、アルコールと一緒にポカリスエットを飲むと早く酔うと勘違いされている方もいるようですが、これは大きな誤解です。ポカリスエットは水分をすばやく吸収するといった試験データはありますが、アルコールの吸収を速くするという報告はありません。

大塚製薬HPより引用

https://pocarisweat.jp/scene/liquor/

きっと水分が体内に早く吸収されるため、一緒にアルコールも吸収されてしまうという勘違いが広まってしまったのだろう。

なぜポカリスエットが二日酔いに効くのか

そもそも二日酔いになるメカニズムとは、アルコールが分解されてできた「アセトアルデヒド」という有害物質が、肝臓で十分に処理されないことで、吐き気や頭痛などを引き起こす。またアルコールの利尿作用により脱水症状を引き起こしてしまう。 脱水状態だとアセトアルデヒドを尿から速やかに排出することができなくなってしまい、結果吐き気や頭痛が継続してしまう。

つまりこの脱水状態を回避するためには、こまめな水分補給が大事になってくる。 そこで有効なのがポカリスエットだ。

ポカリスエットは、体液に近いイオンバランスの飲料なので、汗をかくなどして失われた水分やナトリウムなどのイオン(電解質)をスムーズに補給して、身体をやさしくうるおすことができるのです。

大塚製薬HPより引用

https://pocarisweat.jp/about/reason/

このようにポカリスエットは体液に近い飲料であるため、水よりも水分補給に適しているのだ。

他のスポーツドリンクではダメなの?

ここで気になってくるのが、先ほどからポカリスエットのことしか記述していないが、アクエリアスなど他のスポーツドリンクではダメなのか?といったことだろう。

これについては調べてみると色々な見解や検証があるが、ポカリスエットはナトリウムや糖分が多く含まれているから優れているなども言われているが、まぁぶっちゃけ他と比較して素晴らしいというわけではないと思う。

あとは個人の味の好み次第ではないかと思っている。しかし個人的にはポカリスエットやアクエリアス以外のあまり見かけないマイナーなスポーツドリンクには必要な成分が含まれていない可能性もあるので避けたほうがいいと思う。

いつ飲むのがいいのか

ポカリスエットを飲むタイミングだが、僕は飲み会が終わった帰り道に必ず500mlのポカリスエットを家に着くまでに一本と家に帰ってから一本飲み干すようにしている。

これは特に根拠があるわけでないが、僕の実体験上、この飲み方がベストなのだ。

できれば飲み会中もソフトドリンクを飲んだ方がいい

二日酔いにならないためには、可能ならばお酒の合間にソフトドリンクも飲むようにした方が良い。その方が肝臓への負担を軽くすることができるからだ。

僕はお酒を飲む際はウーロン茶などのソフトドリンクも一緒に注文するようにしている。

ポカリスエットを飲んで二日酔い対策をしよう!

お酒を飲んだ後にポカリスエットを飲むようにしてから、僕は二日酔いになることが減った。

ポカリスエットのおかげで僕の金曜日の飲み会は楽しいものとなり、土日も二日酔いに悩まされることもなく、有意義に過ごせるようになった。

最後に、

この記事を読んでいただい方にはお酒を飲んだ後にポカリスエットを飲んで、二日酔いを防いでもらえれば幸いだし、この記事を読んだ大塚製薬の方にはこれだけポカリスエットのメリットを熱く語った僕に対して、ポカリスエット1年分を送っていただきたい。

終わり!


大塚製薬 ポカリスエット 500ml×24